luogo 高田馬場エリアを中心とした 不動産・地域情報サイト

ブログ「luogo」

Blog

新宿区の助成制度のご紹介②

2014.01.16

保証人が見つからず、民間賃貸住宅への入居が困難になっている

高齢者世帯、障害者世帯、ひとり親世帯へ、区の協定保証会社や

高齢者住宅財団をあっ旋し、契約後の保証料を助成する制度です。

20140116102201130_0001

2014年

2014.01.06

弊社は2014年の営業を本日1月6日より開始しております。

本年も宜しくお願い申し上げます。

家賃保証会社について

2013.11.09

お部屋を借りるときには通常、連帯保証人が必要となります。

連帯保証人といえば、ご両親、ご兄弟などの身内にお願いするのが大半だと思いますが…

 

お身内がいない方、何らかの事情で、連帯保証人を頼みづらい方もいると思います。

また、連帯保証人の印鑑証明書などが必要提出書類となってきますので、遠方にお住まいで、

お役所の開庁時間内に書類を取りに行けない方も多いでしょう。

 

そこで、有料にて連帯保証人を引き受けてくれるのが、家賃保証会社です。

保証料は、保証会社によって変わりますが大体、月額賃料+管理費(共益費)の30%~1ヶ月分程度が基本です。

この保証料は、一般的にお部屋を借りる方が負担します(大家さん負担の場合も稀にあります)。

大家さん側からしても、万が一の賃料滞納等のリスクから解放されますし、お部屋を借りる側としても、

頼みづらい連帯保証人が不要ということで、貸す側・借りる側の双方にとってありがたい制度なんです。

 

…家賃保証会社の宣伝のようになってしまいましたが、次回は審査方法等の考察をしてみたいと思います。

 

URの抱える問題

2013.10.29

昨日、「UR賃貸住宅のメリット」という記事を書きましたが、

すごいタイミングでこんなニュースが…↓↓↓

UR:賃貸、30億円赤字 空室で家賃収入不足

 

 

リンク先文中にある通り、このまま累積赤字が膨らんだ場合はどうなるでしょう。

URは独立行政法人、つまり国がほぼ出資しているので、財務状況が悪化すれば私たち国民負担につながる

可能性があります。

近年の家賃相場下落での減収が主な原因とのことですが、頭の痛い問題ですね…。

 

 

UR賃貸住宅のメリット

2013.10.28

弊社は、UR賃貸住宅の取扱い店です。

UR賃貸住宅とは、都市公団から受け継いだ全国約75万戸の賃貸住宅(公団住宅)に、都市再生機構(Urban Renaissance Agency)の英語略称「UR」を冠した賃貸住宅だそうです。

UR賃貸住宅には、一般的な民間賃貸住宅と比べて主に4つのメリットがあると言われています。

①礼金なし ②仲介手数料なし ③更新料なし ④連帯保証人なし

①、③、④については、近年の民間賃貸物件でも多々見られます。

ただし、④は家賃保証料として、ご契約時に別途費用が掛かる場合がほどんどですね。

②の仲介手数料は、我々不動産業者の収入源ですので、民間賃貸物件でも手数料不要というのは、

なかなか見られません。

お引っ越し時に掛かる初期費用をだいぶ軽減できるので、一考の価値は大いにあると言えます。

目白・椎名町の美容院

2013.10.16

今回は弊社で店舗物件のお探しをお手伝いさせていただいた

『rec shop』さんをご紹介いたします。

場所は目白通りと山手通りの交差点より山手通りを要町方向に歩いて

頂くと右手に赤い建物や幼稚園がありますがその隣にあります。

若いスタッフ2人(男性1人、女性1人)が優しく出迎えてくれますので

女性でも男性でも気兼ねなく入れるお店だと思います。

今年は5周年の年になりますが、ますます地域になくてはならないお店と

してこれからも頑張ってください。

お近くの方はぜひ、ご来店してみてくださいませ。

http://rec-shop.net/

DSCN1940 DSCN1942 DSCN1943 DSCN1944

 

 

原状回復の考え方②

2013.10.08

前回の、原状回復の考え方①から日にちが空いてしまいましたが、

今回は、住んでいる期間による原状回復負担割合の変化について考えます。

これについては、東京都都市整備局のホームページ「賃貸住宅紛争防止条例」

にわかりやすく記載されていますので、一度読んでおくと理解できると思います。

そこには条例の適用対象として下記項目が書かれています。

  

  ①東京都内にある居住用の賃貸住宅(店舗・事務所等の事業用は対象外)

  *都内の物件を扱う場合、都外の宅建業者も説明が義務付けられる

  ②平成16年10月1日以降の新規賃貸借契約(更新契約は対象外)

  ③宅地建物取引業者が媒介または代理を行う物件

 

ここで注意したいのがですが、これは簡単に言うと、お部屋の契約の際に不動産業者を介さず、

家主と直接契約をした場合ということです。

家主と直接お部屋の賃貸借契約に至れば、不動産業者への仲介手数料は発生しないので、一見お得

かと思いますが、本題の条例が適用されませんので、退去後の敷金の返還についてトラブルにならないよう、

契約時に注意が必要ということになります。

もちろんしっかりと、わかりやすく説明してくれる家主さんもたくさんいますよ。

基本的には、契約条項を守り、定期的にお部屋の掃除をしていれば、固く考える必要もないでしょう。

これからお引越しをして新生活を始めるという状況で、もう退去後のことを考えている人は非常に少ないと思いますが、

下記に経年変化と原状回復負担割合の表がありますので、参考になさってください。

(あくまでも参考ですので、ご自身の賃貸借契約内容によって割合は変わります。)

 

負担割合

原状回復の考え方①

2013.09.26

お部屋を借りる際(居住用)には、敷金を貸主に預入れるのが一般的です。

敷金の詳細な性質については→敷金(Wikipedia)

原則として預入れた敷金は、お部屋を退去する際に借主に返還されることになります。

返還される際に、家賃等の滞納があれば滞納額を差し引いて、さらに入居中に発生した著しい汚損

貸主に届け出ていない破損個所があれば、その修理・交換費用も差し引いて精算されます。

入居してすぐに汚れや壊れている箇所を見つけたら、早めに貸主または管理会社に連絡するようにしましょう。

これを怠ると、たとえ自分が付けた傷、汚れでなくても、敷金から修理代を差し引かれてしまう可能性があります。

 

次回は、本題にもう少し突っ込んで、住んでいる期間による原状回復負担割合の変化の考え方をお伝えしたいと思います。

 

新宿区の助成制度のご紹介

2013.09.18

新宿区では賃貸住宅にお住いの一人暮らしの高齢者の

方へ緊急通報装置等利用料の助成を行っています。

これは緊急時に「緊急通報装置」のボタンを押したり

一定時間応答がない場合に出動員がかけつけて安否を

確認する「見守りサービス」です。

ご実家の家族や一人住まいの親せきなど、一人暮らしを

心配されている方はご検討されてみてはいかがでしょうか。

20130918092302794_0001

9月7日

2013.09.07

ここ数日、東京はすっきりしない天気が続いておりますが、皆様如何お過ごしでしょうか。

突然のゲリラ豪雨での河川増水、地震などの脅威がつきまといますね。

そんなときに、皆様がお住まいの地域の災害情報を発信してくれる自治体メールサービスをご存じでしょうか?

弊社所在の新宿区ではこんなサービスがあり、携帯電話にメールにて情報を着信します。

最近では、Twitterなどで情報を知るケースも多いですね。

災害情報だけでなく、お子様がいらっしゃる方に有用な不審者情報なんていう便利なサービスもあります。

このような自治体の発信情報をいち早くキャッチして、皆様が安心して生活ができるよう、弊社スタッフも願っておりますので、今後共宜しくお願い致します。

 

9月5日

2013.09.05

現在雨が降っています。

画像は今朝、通勤途中の神田川の様子です。

昨日は、これから晴れるでしょうと投稿したら、数十分後には大雨が降ってきましたので、

本日これからの天候についてはノーコメントとします。

雨が降っても、強風が吹いても、残暑が厳しくても、地震がきても、

弊社スタッフは皆様からのお問い合わせをお待ちしておりますので、

今後共宜しくお願い致します。
神田川

9月4日

2013.09.03

新宿高層ビル

 

弊社は高田馬場4丁目のビルの7階に事務所を構えております。

窓から今朝の新宿高層ビル方面を撮ってみました。

まだ雲が多いですが、これから日が射して今日も暑くなりそうです。

弊社スタッフも暑さに負けず頑張りますので、今後共宜しくお願い致します。